一橋生なつおのブログ

一橋生起業家なつおのブログ

ふと思ったことを書き留めるブログです。怒らないでください。

【Part 1】ケニアで起業&ファッション雑誌を出版!? 一橋大学2年生がケニアに飛びこみたった1週間で事業を立ち上げた経緯とは

 皆さんこんにちは、なつおです。

 

いきなりですが、タイトルにもある通り、この夏ケニアに約1か月半滞在しまして、ファッション雑誌「I-CHARM」の制作・出版を行う事業を立ち上げることになりました。

 

f:id:Natsuo720:20170923202121j:image

 

現在もケニア人CEOのもと絶賛進行中です。

 

???がたくさん頭に思い浮かんでいるかもしれませんね。

 

いやなんでケニア

 

起業?

 

ファッション雑誌の出版って??

 

などなど。

 

ひとつひとつ答えていきたいなと思います。

 

海外とか起業ってけっこうおもしろそう、へーそういう考えなんだ、って思ってもらえたら嬉しいです。

 

なーんて建前もあるけど。

 

実際は自分と「I-CHARM」の宣伝だったり。

 

大学の講義でこの話をさせられるので、その前にいったん頭を整理するためだったり。

 

手前味噌で恐縮ですがお付き合い下さい。興味を持っていただけたらシェアをお願いします。

 

活動にご興味がある方はご連絡下さいね!

 

なつお   Twitter: @Natsuo720 (https://twitter.com/Natsuo720)

 

I-CHARM Twitter: @icharm720 (https://twitter.com/icharm720)

              Website: https://icharm.co.ke/

              Mail: icharm720@gmail.com

 

最初は社会貢献をすべくケニアに単身飛び込んだ

私が社会貢献に興味を持ち始めたのは大学1年生の2月ごろ。本気で社会貢献に人生をかけようと思っていたのは2年生になってから。当時は卒業後はJICA(青年海外協力隊)に修飾しようと考えていたくらい本気でした。

 

なぜ、社会貢献に進もうと思うようになったのかというと、きっかけは2つありました。一橋大学入試研究会、一橋スタディでの経験と、カンボジアでの教育支援です。

 

まず1年生の時に大学の文化祭でたったの3日間で100万円稼ぐに至ったことがありまして。

 

f:id:Natsuo720:20170923202453j:image

 

これも???の人はこちら↓の記事を参考にして頂けると幸いです。

 

で、結果としていろんな人(特に一橋生)から、金を巻き上げてるとか汚いとかtwitterでさんざん叩かれることになり、初めて人から叩かれる経験をした私はそれはそれは傷つきまして。

 

自分は好きなこと、得意なことをやっていただけなのに。消費者を満足させることで対価をいただくという、消費者も企業も両者ハッピーになれるというビジネスの力を信じていたのに。

 

今でも考えは変わりませんが、当時は揺れに揺れたのですね。

 

いちいち汚いとか批判されるなら無償で与え続ける社会貢献の方がよくない?って。

 

その後異なる理由から1か月間カンボジアで教育支援することになりました。

 

f:id:Natsuo720:20170923202552j:image

 

これも???の人はこちら↓の記事を参考にして頂けると幸いです。

 

そこでは熱い想いをもってお金のない子供たちに日本語や英語を教える人たちと出会いました。

 

以前はなぜ自分の人生を差し置いてまで無償で働き続けられるのか、世のため人のために心から尽くせるのか理解できませんでした。

 

しかし、教育問題や貧困問題に本気で取り組みたいと思っている人たちと出会い、ああ、こういう生き方もあるんだな、社会貢献をすることを自分の生きがいとし、生きる意義としているのだな、と実感し、社会貢献もありかな、と思い始めたのです。

 

このように、大学とカンボジアでの経験から社会貢献を人生のミッションにしよう!!と心に決め、社会貢献をすべくケニアに飛び込んだわけです。

 

 f:id:Natsuo720:20170923202723j:image

 

なぜケニアなのかというと、翌年の夏から1年間ヨーロッパに留学することが決まっていたのでヨーロッパとロシアは別に行く必要ないか、アメリカは社会人になればいくらでもいけそうだし、なら南米かアフリカだな、となり、たまたま見つけた安くて色々できそうなNPO団体がケニアにあったというだけなのです。

 

 

少し長くなりましたが以上が、私がケニアで支援活動を行おうと思った経緯になります。

 

次の記事ではなぜ社会貢献を志していたのにビジネスに方針転換したのかについてです!

 

 

 

こちらでも情報を発信しています。活動にご興味がある方はご連絡下さい!

 

なつお   Twitter: @Natsuo720 (https://twitter.com/Natsuo720)

 

I-CHARM Twitter: @icharm720 (https://twitter.com/icharm720)

              Website: https://icharm.co.ke/

              Mail: icharm720@gmail.com

 

もっと詳しく知りたい方はこちらから ↓ ↓ ↓